cms・データベースとは

cmsはcontent management systemの略で、コンテンツマネジメントシステムと読みます。cmsを導入することにより、ウェブサイトの管理や更新を行なうことが可能です。通常、ウェブサイトの更新を行なうには、文字や画像のデータのほか、HTMLやCMSという文書を構造化したり、装飾したりする言語の専門知識・技術を駆使することが要求されます。cmsの場合、専門知識・技術が求められる部分はまとめてシステム側に制御させて、文字や画像などのデータだけを入れることで、ウェブサイトの更新を手軽に行なえるようになります。cmsを導入することにより、専門的な知識や技術を得るための勉強をせず、誰でもウェブサイトの更新や管理を行なうことが可能になる、利便性の高いシステムです。

ウェブサイトでcmsを利用する場合、データベースを利用することで、管理が容易になります。このデータベースですが、特定のテーマ、たとえば住所録などがありますが、それに合った情報を集めて管理し、簡単に探したり取り出したりといったことを行なえるようにしたもののことをいいます。データベースの利用により、cmsを作るためのコストや時間を節約することも可能です。

当サイトではウェブサイトでcmsを使い、データベースを使うことで具体的にどう管理が楽になるのか、別のページで具体例を示して専門知識や技術がない人にもわかりやすく解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。なお、cms導入や導入後の支援まで行なっているcmsサービスを提供している業者もあるため、一度相談してみるのもよいでしょう。